歯ブラシの交換頻度はどのくらい?

歯ブラシの交換頻度はどのくらい?
大和市鶴間駅西口すぐの歯医者石塚歯科医院 院長
院長

こんにちは、大和市鶴間駅西口すぐの歯医者、石塚歯科医院 院長・石塚です。今回は歯ブラシ交換の重要性について詳しくご説明します。

知っておこう!歯ブラシの交換頻度はどのくらい?

毎日の歯磨きに使用している歯ブラシ、いつ新しいものに交換すればよいかご存知ですか?
適切なタイミングで歯ブラシを交換すれば、磨き残しが劇的に減るかもしれません。ホームケアの基本ツールである歯ブラシを見直せば、毎日の歯磨きの効果があがります。

磨き残しの原因

しっかり歯磨きをしているつもりでも、一通りブラッシングが終わったあと鏡を見たら磨き残しに気づくことがありますよね。その原因として以下の理由が考えらます。

  • ブラッシングが不十分
  • デンタルフロスや歯間ブラシを使用していない
  • 歯ブラシを交換していない

意外かもしれませんが、古い歯ブラシを使い続けると磨き残しの原因になってしまうのです。

磨き残しを防ぐポイント

歯磨きは3つのポイントがあります。

  • 適切な力加減
  • 歯1本1本をもれなく磨くこと
  • 歯ブラシを歯に当てる角度
古い歯ブラシで歯磨きするデメリット

古い歯ブラシを使うデメリット

毛先が広がってしまった歯ブラシを使用していると、どういう現象がおこるでしょうか?
いくら磨いても、歯ブラシを最適な角度で歯や歯茎に当てることができず、その結果磨き残しが発生してしまうのです。

今使っている歯ブラシ、いつ交換しましたか?

今使っている歯ブラシ、いつ交換しましたか?

皆さんはどんなタイミングで歯ブラシを交換していますか?
“なんとなく気が向いたら”、”だいたい2~3か月に1回”、”いつ交換したか覚えていない”など様々だと思います。
せっかく毎日歯磨きを実行し虫歯や歯周病予防に励むなら、最適なツールを使って最大限の効果を発揮させたいですよね。

交換のタイミング

1か月に1回の交換が基本

一般的には1か月に1回交換と言われています。しかし、ご自宅と学校・職場で別の歯ブラシを使用していたり、個人個人の力加減によって交換頻度は様々です

目で見てわかる交換のタイミング

最もわかりやすい目安は歯ブラシの毛先が広がっていないかです。
今使っている歯ブラシを見てみてください。毛先が広がっていたら、それはもう新しい歯ブラシと交換するサインです。できれば、毛先が広がる前に交換するのが望ましいですね。

目で見てわかる歯ブラシ交換のタイミング

これで忘れない!交換のタイミング

毎日忙しい中で、歯ブラシの交換のタイミングをついつい忘れてしまうのはよくあることだと思います。そこで、交換のタイミングを忘れない方法をご提案します。

  • 毎月チェックする日を決める
  • 毎月1日や月末、お給料日、など歯ブラシの状態を確認する日を決めておきましょう。

  • 使い始めた日付を明示
  • 歯ブラシの持ち手の部分に使い始めた日付をマジックで書いておく。マジックで書いた部分はテープでカバーしておくと消えにくいですね。また、小さめのシールで日付をデコレーションすればお子様にとって楽しい歯磨きタイムになるでしょう。

  • 手帳やカレンダーにメモ
  • 手帳やカレンダーなど普段スケジュール管理しているものにあらかじめ書き込んでおけば、交換し忘れの防止になります。またご使用中のウェブカレンダーやスマホアプリのリマインダー機能も便利です。

  • 歯ブラシの予備を常備
  • 歯ブラシの予備をいくつかストックしておけば、気づいた時にさっと交換できます。タイミングを逃さないので有効です。

定期的な歯ブラシ交換で歯磨きを効果的に

何気なく使っている歯ブラシも、効果的な歯磨きのためにはとても大切です。定期的に歯ブラシを交換し、毎日のブラッシングで虫歯・歯周病予防に取り組みましょう。

あわせて読みたいホームケアと定期診査

歯のケアは毎日の歯磨きだけでなく、定期的なプロのチェックが必要です。鶴間・大和市・大和市近隣で歯のクリーニングをご希望の方は石塚歯科医院へ是非ご来院下さい。

電話・ネットで簡単予約

電話予約
0120-824175
発信可能地域
東京・神奈川 東京(03区)・神奈川(横須賀市除く)
046-275-8241

診療時間
月-金: 9:30-12:30/ 14:00-19:00
土 曜: 9:00-12:30/ 14:00-17:30