子供の矯正治療はいつから始めるのがベストですか?

コラム190724
石塚歯科医院院長
院長

こんにちは、大和市鶴間駅西口すぐの歯医者、石塚歯科医院 院長・石塚です。今回は子供の矯正治療の開始時期について取り上げます。

子供の歯科矯正はいつから始めるのがベストですか?

口元の美しさや整った歯並びの美しさへの関心が高まるとともに、歯科矯正のご相談をとても多く頂きます。
顎や体の成長が終わった後に開始する大人の矯正治療は、「はじめよう」と思えばいつでもスタートできます。一方、お子様の矯正治療は歯が生え変わっていき、顎や身体が成長していくため、いつはじめたらいいのかという疑問を抱く保護者の方がとても多いです。

子供の歯科矯正はいつから始めるのがベストですか?

そこで今回は子供の矯正治療の開始時期について詳しく解説していきましょう。

今回の記事はこんな方にお勧めです

  • 6~8才位のお子様をお持ちの保護者の方
  • 子供の歯科矯正をした方がいいのかお悩みの保護者の方
  • かかりつけの医院で子供の矯正治療を勧められ、他の意見も知りたいという保護者の方

子供の歯科矯正の目的

子供が小さいころに矯正をするなんて、痛そうだしかわいそうと思われる保護者の方も多いのではないでしょうか。
子供の頃に歯科矯正治療をするのはどのような目的でしょうか?
一番の目的は、矯正治療により歯列を適切に誘導し、永久歯が生え揃った時に正常な歯列になるようにするためです。

子供の歯科矯正の目的

具体的には、以下の2つの効果が期待されます。

何歳から矯正を始めるべきか

何歳から矯正を始めるべきか

矯正治療においては、保護者の方からの口伝えで色々な情報が耳に入ってくるかもしれません。治療を早く始めたほうがいいという情報もあれば、永久歯に生えそろってから治療を始めたほうがいいという情報を聞いて、まるで正反対なので何が良いのか迷ってしまいますよね。

どちらが正解、ということではなくお子様の歯並びの状態により「いつ始めるのがよいのか」のお答えが変わってきます。

治療開始時期について当院の治療方針

当院は、症例にもよりますが前歯部の上下計4本が永久歯に生え変わってから治療を行っています。
具体的な年齢としては、6~8才位とお考え下さい。お子さんの永久歯への生え変わりのスピードと成長のスピードにより個人差があります。

治療開始時期について当院の治療方針
前歯部の上下計4本が永久歯に生え変わってから

生え変わりに合わせて矯正をすると効果的な症例

生え変わりに合わせて矯正をすると効果的な症例

6才の子供の身長がその後どの程度伸びるかその時点では誰にも正確に予想できないように、顎がどの程度成長し永久歯がどのように萌出するかを正確に予測するのは大変難しいことです。
しかし、生え変わり直後から矯正治療を開始し、順々に生え変わっていく永久歯を適正な歯列に導きやすくなる症例があります。そのような症例は歯の生え変わりの時期に矯正を行うと悪化を防ぐことができます。

それでは早期治療に適した症例をご紹介していきましょう。

早期治療に適した症例

以下の3つの症例はそのまま放置しておくと症状が悪化するため、早めに矯正治療に着手した方が治療の効果が得られやすいと当院は考えています。

これらについて一つずつ解説していきましょう。

反対咬合

反対咬合
反対咬合

受け口とも呼ばれ、上下顎をかみ合わせた時に下顎の歯が前方に出ている状態。上下左右の中切歯計4本萠出した時に生え変わりに合わせて矯正を行い、上下顎のバランスを整えていきます。

上顎前歯部の叢生

上顎前歯部の叢生
上顎前歯部の叢生

軽度の叢生(歯ががたがたになっている状態)は、上下左右中切歯側切歯の計8本が萠出した時に永久歯への生え変わりに合わせて歯列の矯正を行い、整えていきます。前歯部(前歯)は顔の印象に大きく影響を与える部分ですので矯正治療をお考えの方にとっては特に気になる部位です。

交叉咬合

交叉咬合
交叉咬合

歯列の中で一部の歯の咬合関係が逆になっている状態。このような症例では上下の小臼歯が萠出してから矯正治療を始めています。このような症例は歯ブラシが届きにくく、磨き残しが生じやすくなってしまいます。早めに対処することにより、口腔環境の維持にも効果的です。

当院の治療方針

当院では治療の有効性を鑑みて、以下の症例で小児矯正治療を行うことをお勧めしています。

開始時期 各症例によって歯の萠出状態を確認し治療を行っていますので、まず前歯部の上下計4本が永久歯に生え変わったらご相談ください。
歯列 反対合合、上顎前歯部の叢生、交叉咬合

相談は早めにした方がいい

当院では先に示したような症例で小児矯正を行っています。
矯正に最適なタイミングは極めて短い期間ですので、その時期を逃さないよう上下顎の前歯部が計4本生えてきたら一度ご相談に来院されることをお勧めします。
また、まれに永久歯がなかなか萠出してこない場合があるので(先天性欠如歯)レントゲン撮影をして状態を確認した方がよいでしょう
なお、無料の矯正相談は当院、他院問わず治療開始前の方が対象です。

矯正相談のながれ

STEP 1 予約

インターネット又はお電話でご予約下さい。ご予約時に「お子様の矯正相談希望」の旨をお伝え下さい。

STEP 2 来院

問診表への御記入をお願いしていますので、予約時間の10分前にご来院下さい。

STEP 3 問診・診査

現状の歯並びや骨格を診査します。お子様の歯並びで気になることについて問診を行います。疑問はお気軽にご質問下さい。所要時間は約20分です。

STEP 4 ご検討

治療するかどうかはご自宅でじっくり検討し、決定していただけます。
ご検討後、当院で治療をご希望の場合は、資料採取のため別途ご予約をお取りください。
お子様の永久歯の萠出状態によってすぐに治療を行うより暫く経過を観察した方が良い場合もあります。その場合は矯正治療に最適な時期まで様子を見ていきます。

いくつかの歯医者に相談したら違うことを言われたら

いくつかの歯医者に相談したら違うことを言われたら

いくつか歯医者に行って既にお子様の矯正治療について相談してみた、という方がいらっしゃるかもしれません。そのような方からよく聞くのが、歯医者さんによって勧められることが違う、という話。

慎重かつ適切な決断を

歯科医師の見解によって診療方針が異なるのは矯正歯科だけに限らないと思います。しかし、治療の緊急度が低く、治療開始前にいくつかの歯科医師に相談するケースが多いため「前に行った先生の話と違う」ということが生じやすいのも事実です。
多くの意見を聞いて、納得できる歯科医院を探すのはとても大切なこと。ですが、逆に混乱してお子様の治療に最適なタイミングを逃しかねないよう慎重かつ適切な判断をしましょう。

慎重かつ適切な決断を

治療方針の違いについて歯医者として思うこと

治療方針の違いについて歯医者として思うこと

お子様の矯正の場合、長期的な歯の動き・顎の成長を正確に予測するのは大変難しいことです。加えて、症例によっては複数の選択肢が考えられる場合があります。何を重視して治療方針を患者さんに提案するかは、その歯科医に依るところが大きいです。ですから、歯科医によって異なる治療方針を提案するのは自然なことです。

最近はインターネット等で事前に情報を収集してからご相談に来院する方が大変多いので、情報収集の際に治療を受ける際に何を優先したいかをある程度まとめて相談するとよいでしょう。実際に経過観察をしていたら、治療が必要でなくなった場合も稀にあります。

あわせて読みたい子供の矯正歯科

お子様の歯を観察してみましょう

まだ小さいお子さんの歯の状態は保護者の方がよく観察して、一緒にケアする必要があります。お子様の矯正治療は最適な時期がありますので、その時期を逃さないよう日々注意深く観察し、矯正をした方がよいかもと疑問を抱いたら歯科医師に相談しましょう。

お子様の歯を観察してみましょう

あわせて読みたい子供の矯正の症例
あわせて読みたい矯正治療で痛みを感じる3つのタイミング

当院はお子様の矯正治療をお考えの方向けに無料相談を行っています。鶴間・大和市・大和市近隣で小児矯正治療をお考えの方は是非石塚歯科医院へご相談下さい。

電話・ネットで簡単予約

電話予約
0120-824175
発信可能地域
東京・神奈川 東京(03区)・神奈川(横須賀市除く)
046-275-8241

診療時間
月-金: 9:30-12:30/ 14:00-19:00
土 曜: 9:00-12:30/ 14:00-17:30