目立たない入れ歯をお探しの方にお勧めのノンクラスプ義歯

コラム190922
石塚歯科医院院長
院長

こんにちは、大和市鶴間駅西口すぐの歯医者、石塚歯科医院 院長・石塚です。今回は目立たない入れ歯について取り上げます。

目立たない入れ歯をお探しの方へ

当院に頂くご相談の中で、特に多いのが入れ歯についてのお悩みです。歯を複数本失ってしまった方の治療の選択肢として入れ歯を作製する機会がとても多いです。
しかし保険診療の入れ歯を作製するとどうしても金具が目立ってしまう、というジレンマがあります。
そこで今回は目立たない入れ歯についてご紹介します。

目立たない入れ歯をお探しの方へ

今回の記事はこんな方にお勧めです

  • 保険診療で作製した入れ歯の金具が目立って気になる方
  • 入れ歯作製をお考えの方で金属アレルギーをお持ちの方
  • 入れ歯の金属と歯の境目に物が挟まるのが嫌な方

保険診療の入れ歯

入れ歯を作製する方の多くは、まず初めに保険診療での入れ歯を作製されると思います。そこで、保険診療で作製される入れ歯の名称について解説していきましょう。

保険診療の部分入れ歯
保険診療の部分入れ歯
保険診療の総入れ歯
保険診療の総入れ歯

保険診療の入れ歯の名称

保険診療で作製する入れ歯は、以下のような名称で呼ばれています。

人工歯

失われた歯の代わりとなる人工的な歯。

人工歯

歯のない粘膜部分に接する入れ歯の土台となる部分。

クラスプ(バネ)

部分入れ歯を装着する時に、入れ歯を支える両側の歯に引っ掛ける金属でできている部分。ワイヤーを曲げて作製する線鉤と金属を鋳造して作製する鋳造鉤の2種類がある。

クラスプ(バネ)

バー

同一顎上で2ヵ所以上の離れた部位にある床と床を互いにつなぐ金属の装置。既成のものを曲げて作成する屈曲バーと鋳造して作製する鋳造バーの2種類がある。

バー

保険診療での入れ歯の制約

保険診療の入れ歯の作製費用が安く抑えられる一方、入れ歯作製の作業工程が決められていたり、使用する材料などが細かく決められています。
できることが限られてしまうため、審美性に優れなかったり、使用感に不満を感じることが多いようです。

保険診療での入れ歯
保険診療での入れ歯の制約

保険診療の入れ歯に代わる選択肢

保険診療の義歯で一番気になるのが、金属でできているバネと呼ばれる部分。しかし、保険診療では金属のバネで支える構造の入れ歯しか作成できません。

そんなお悩みを解消するため、当院では目立ちにくい入れ歯としてノンクラスプ義歯をお勧めしています。

目立たない入れ歯をお探しの方へ

ノンクラスプ義歯とは?

ノンクラスプ義歯とは、金属のバネ(クラスプ)を使用していない入れ歯の総称です。
入れ歯が目立ってしまう一番の理由は入れ歯を支えるための金属のバネ(クラスプ)が原因です。この金属のバネがないだけで、入れ歯を入れていることに気づかれにくくなります。また、総入れ歯の作製も可能です。

ノンクラスプ義歯
ノンクラスプ義歯
ノンクラスプ義歯
ノンクラスプ義歯

ノンクラスプ義歯と保険診療の入れ歯の比較

さて、ここで保険診療での義歯とノンクラスプ義歯を比較してみましょう。

保険診療の入れ歯 ノンクラスプ義歯
見た目 金属のクラスプが目立つ 金属のクラスプがなく目立ちにくい
床の素材 歯科用加熱融合レジン ノンクラスプ義歯用ポリアミド系樹脂
人工歯 レジン歯、硬質レジン歯 維持孔タイプ硬質レジン歯
使用感 違和感が大きい 違和感が少ない

ノンクラスプ義歯のメリット

金属部が目立たないという審美性の高さがノンクラスプ義歯の大きな特長の一つですが、それ以外にもノンクラスプ義歯はとても機能性の高い義歯です。ここでその機能性についてもご説明していきます。

ノンクラスプ義歯の床はポリアミド系樹脂でできています。このポリアミド系樹脂は柔らかく弾力のある素材のため、以下のような特長があります。

ノンクラスプ義歯のメリット

以上のように毎日の生活や食事を快適にするとても機能的な入れ歯になっています。

ノンクラスプ義歯は金属アレルギーの方に最適

ノンクラスプ義歯は金属アレルギーの方に最適

金属アレルギーをお持ちの方にとって、保険診療の義歯の金属バネは要注意。金属アレルギーを発症してしまう可能性があります。
一方、ノンクラスプ義歯は金属部がないので、金属アレルギーの方でも安心してご使用いただけます。

ノンクラスプ義歯のデメリット

審美性や機能性が非常に高いノンクラスプ義歯ですが、デメリットを上げるならば保険診療が認められないため、保険診療の義歯と比べて高価だということです。自由診療ですので、医院によって価格が異なります。

あわせて読みたい歯科治療の保険診療と自由診療の違い【歯医者に行く前に必読】

ノンクラスプ義歯の作製・取り扱い

ノンクラスプ義歯の作製

ノンクラスプ義歯の作製

お口の中を診察して型取りをしてから、ノンクラスプ義歯が完成するまで約1か月を要します。その後、慎重にかみ合わせを調整していきます。お食事をした時の感覚や、会話をした時、時間を経過してどのように感じるかなどで感じ方が変わっていく可能性があります。
ですから、かみ合わせの調整は様子をみながら複数回行うことがあります。

あわせて読みたいノンクラスプ義歯

ノンクラスプ義歯の取り扱いとお手入れ

ノンクラスプ義歯は柔らかい素材でできているため、傷がつきやすく取り扱いやお手入れにいくつかの注意事項があります。

目立たない入れ歯をお探しの方はご相談下さい

保険診療の入れ歯は金属の金具が目立つだけでなく、素材に制限があるため違和感を感じる方がとても多いです。そんなお悩みを持つ方には、金属の金具がなく機能性に優れているノンクラスプ義歯がお勧めです。

目立たない入れ歯をお探しの方はご相談下さい

あわせて読みたい入れ歯が合わないと影響する3つの要素とは?【相談随時受付中】

当院では目立たない入れ歯・ノンクラスプ義歯の作製を承っています。鶴間・大和市・大和市近隣で入れ歯のお悩みをお持ちの方は是非石塚歯科医院へご相談下さい。

電話・ネットで簡単予約

電話予約
0120-824175
発信可能地域
東京・神奈川 東京(03区)・神奈川(横須賀市除く)
046-275-8241

診療時間
月-金: 9:30-12:30/ 14:00-19:00
土 曜: 9:00-12:30/ 14:00-17:30